アルバイトの勤務日数を増やして審査通過へ

アルバイトの日数次第では、キャッシングができるかどうかが変わってきます。

勤務日数が多ければ多いほど、基本的には給料は入ってくる量が増えるわけですから審査側もひと月に入っている日数を考量して返せる量を計算します。

10日なら1日8000円入るとすると8万ですが、20日なら16万とかなり差が出てくるのは当然ですので、後者の方が返済してくれる可能性と安定性を感じさせます。

勿論ですが虚偽の申告はいけません。ですが、それほど実際の日数と大きな差がなければ審査の差異も問題なく通過ができます。

アルバイトの日数はできる限り増やすことも大事ですが、アルバイトに入っている日数をちょっと多めに申告することも通過するコツです。