総量規制対象外のローンとキャッシングの違いとは

お金を借りる方法としては、カードローンやキャッシング、目的別ローンなどがありますが、近年では、貸金業法に総量規制という仕組みが導入された事で消費者金融会社や信販会社など貸金業法の下で営業をしている企業は、利用者に対して年収に応じた限度額の総額を制限する事が義務付けられています。

銀行や信用金庫が提供している個人向けの融資であるカードローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは無関係である事もあり、総量規制対象外のローンとして扱われています。また、多目的に使えるキャッシングとは違って、特定の目的にしか使えないマイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンも総量規制対象外のローンです。キャッシングと併用する事で、総限度額の上限に対する工夫を凝らした使い方が出来るでしょう。

総量規制対象外のカードローンをキャッシングと共に活かすには

総量規制対象外のローンとしては、銀行や信用金庫のカードローン、マイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンがあります。これらのローンは、消費者金融会社の個人向け融資サービスであるキャッシングと併用する事が可能であり、共に活かす事でユーザーの日常生活を快適なものにする事が可能です。

消費者金融会社のキャッシングと総量規制対象外のローンは、別々に申込みをして審査を受ける必要がありますので手間がかかりますが、両方の融資サービスを活用すれば、それぞれの目的に応じた資金を確保する事が出来ます。資金確保する事が出来れば、それを活用してユーザーが行いたい事をその場で実施する事ができ、期日までに計画的に返済をしていけば、問題無く継続してサービスを使えるでしょう。

カードローンにブラックリストって本当にあるの?

カードローンに関する噂で、滞納するとブラックリストに載るとまことしやかに言われていますが本当のところはどうでしょう。答えはNOで、ブラックリストなど一切ありません。

ただしカードローンは、申し込みから借入、返済、解約などの情報が3つあるいずれかの信用情報機関に登録されます。この他滞納や踏み倒し、債務整理などの悪い情報も登録されます。これらの悪い情報は3つの信用情報機関で情報を共有するために、これらの悪い情報が登録されると他のカードローンを契約できなくなるのです。これがいわゆる金融ブラックと言われるブラックリストというわけです。ちなみに金融ブラックになると、6ヶ月から10年間ローンが組めなくなるので注意が必要です。

パートやアルバイトでの収入!毎月変動するなら希望限度額は低めに!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、本人に安定した収入があれば、パートやアルバイトでも契約が可能です。しかし、収入条件は安定というだけでなく、継続という条件もあります。確かに一定の勤務先で収入があれば、安定して収入があることになります。

しかし、安定の意味としては、毎月の収入において変動無く、継続して得られるものともなります。パートやアルバイトの場合、固定給ではなく、シフト制により変動してしまうことがあり得ます。例え、年間の収入だとしてもどこかに偏りもあるため、申し込みの際は確実に収入の範囲内で返済できる額に留めるのがポイントです。

希望限度額を高くしてしまうと、それだけで審査が通過出来ないこともあるため、収入が変動し易い場合は注意が必要です。

家族バレしないこともキャッシングの魅力にはなってはいるが

近年では、家族バレしないように借金をすることは可能ではありますし、それをうたっている会社も多いです。

ですが、そういったことをすると借金の返済がうまくいかないようなケースがあります。

自分で返済をしていたりすると、ついつい甘い考え方をしてしまって返済をしながらも甘い考えをしてしまうケースもあったりするでしょう。

そういう風になると、返済額が増えてしまってますます家族に言いにくい状況を作ってしまうこともあるでしょう。

そうなると、ますます返済が難しくなるということに陥るケースもあります。

ですので、しっかりとお金を返した胃と思った時には敢えて家族と相談してお金を借りるというようなことをしたほうがいいかもしれません。

質屋とキャッシングの利用期間の違いについて

質屋とキャッシングでは、利用期間に基本的な違いがあります。

まずキャッシングというのは原則的には利用期間に制限はありません。 返済には最長で何年というようなものありますが、

年齢制限にひかっかったりなど市内限りは基本的に解約といったことがない限りはいつでも使っていけるものであります。

一方で質屋さんは借入を行ったら原則で3ヶ月以内に返済をしないといけないことになっています。

質屋さんに預けるものというのは、あくまで担保であり、返済がないときにはお金に変わって質入したものをお店のものにすることによって

弁済に供するわけなのであります。 これを一般的に質流れといいます。

このようにならないためにも、なるべく早めに返済しないといけないのが質屋でのお金の借入の特徴です。

ただし、質屋さんでも3ヶ月以内に全額返さないといけないわけではありません。

例外的に、利息分だけでも返済していくことによって返済期間を延長してもらうことが出来ます。

1月分なら1月延長、といったように、利息を払い続ければ無限に延長してもらうことが出来ますが、質屋の利息というのは

基本的にキャッシングに比べると高いので、返済は早めに行ったほうがいいでしょう。

本当に必要なときにはよーく考えてカードローン

生活費の出費がかさんでしまい急遽CMなどでカードローンなどを見て知っていたのでインターネットにて申し込みしました。
最初は少し抵抗があったのですが即日という点にひかれ良く申し込み方法を勉強してからすすめた様に思います。

TELでの応対も感じよくスムーズに処理してもらいとても助かりました。
手続きも簡単でしたし安心できて利用できました。

本当に即日に用立てて頂いたので早くてとても助かったです。
何処でも引き出せて返済日には返済しています。

ただやはり金利の手数料は高いだなと思います。
返済して思うことは利息がこんなにも払わないといけないのだと実感しています。

返済しても返済してもなかなか元金が減っていけないとは思っています。
でも返済して又利用額ができるとそのときは一時的でも又利用することができるので助かっています。

ただ返済日は早く返済してしまうと当月の分にみなされないときがあるので返済日は考えて返済しています。

本当にお金に困ったときに利用することをおすすめいたします。
CMのとおり収支のバランスを考えて借り入れをお願いします。

後はノートなどに借りた日返済した日を記入して残していくと良いと思います。
必ず返済日には返済することだと思います

”モビット”が”SMBCモビット”になりました

モビットはこの2017年12月から社名を”SMBCモビット”と改称し、今までより三井住友銀行グループの企業だということが分かりやすくなりました。

そのSMBCモビットの親会社に当たるプロミスも同様に三井住友銀行グループの企業で、こちらも正式名称は以前からSMBCコンシューマーファイナンスと言います。”プロミス”はあくまでブランド名で、例えるとあのファッションブランドの”ユニクロ”はブランド名で、社名はファーストリテイリングというのと同じです。

モビットは以前は赤を基調とした色のロゴでしたが、この改称に伴い、三井住友銀行と同じく緑のロゴに変わりました。これまでが何故赤だったのかと言えば、創設当時は三菱東京UFJ銀行グループの企業だったので、同行のカラーと一緒だったからです。それが今は三井住友銀行グループなので、SMBCを冠したことでその三井住友銀行の色に合わせたのです。

ただ、利用者側からはこの社名変更は何も影響がないので安心してください。これから契約をした人と金利などの条件が違うということも一切ありません。変わった点と言えば、これからの契約者はキャッシングカードの色が緑になったくらいです。(もちろん以前のカードもそのまま利用できます)

三井住友銀行グループは、その本体とも言える三井住友銀行でもカードローンに力を入れています。消費者金融のように土日や祝日でも夜9時まで利用できる無人カードローン契約機を設置している銀行は三井住友銀行だけです。この今回のモビットの社名変更も、これから更にグループとしてキャッシング事業に力を入れていくという現れだと考えていいでしょう。

SMBCモビットはプロミスと比較すると、ネットからの利用を重視している消費者金融です。特にスマホ世代の若い人にはプロミスより向いていると言えるかも知れません。どちらにもそれぞれの特徴があるので、自分のとって使いやすいと思う方を利用してください。

キャッシング即日融資の極意3つとは?

今すぐお金を手にしたいなら即日融資に対応しているキャッシング業者へ申込みましょう。ただちょっとした不備が元で翌日以降になってしまう事もあります。そんな悲劇を避けるためにも即日融資の極意3つを紹介しましょう。

1つは本人確認書類をしっかり準備。顔写真付きの運転免許証ならば問題なしですが、お持ちでない場合はパスポートやマイナンバーカードもOKです。2つ目は公式アプリをチェック。大手消費者金融の場合、公式アプリをリリースしています。こちらを準備しておくと本人確認書類等の送信がスピーディーです。3つ目は申込み額は今すぐ必要な範囲内で。ついつい多めに見積もって申込み額を欲張ろうとしていませんか?審査にも加味されますので、今すぐ5万円が必要ならば希望額は5万円としましょう。借入後に返済をしっかりしていると、限度枠が拡大しますのでまずは謙虚に申込むのが重要です。3つの極意を守って即日融資を実現してください。

J.Score(ジェイスコア)では郵送物は特にない

J.Score(ジェイスコア)では利用者にとって大きなメリットとも言える部分があります。

それは郵送物が自宅に届くことはないという点です。

郵送物が自宅に送られてくるか?という部分を気にする利用者は結構多くいると思います。

自分がお金を借りていることが、同じ家に住んでいる人間に知られたくないと考えている人は多くいるはずですから。

そういった人にとっては非常に重要な面と言えますが、J.Scoreでは郵送物を送ることはなく、利用明細の発行などもしていませんから、安心して利用ができるのです。

ここはJ.Scoreにおける1つの特徴と言えると思いますから、利用を考えているという人は頭に入れておくと良いのではないか?と思います。

レイクALSAは審査時間がものすごく短い

レイクALSAというのはその特徴に審査時間の短さというのがあります。

審査時間というのはいろいろな消費者金融を見ても、最短で30分とかが多いと思います。

しかし、レイクALSAでは最短15秒となっていて、他の会社とは全くレベルが違うという状況になっているのです。

でも、何で15秒で審査が終わるようなことがあるのか?というと、レイクALSAでは人間が審査をやっていないというのがポイントになります。

レイクALSAではAIが審査をしているので、瞬時に適切な審査を実行し、結果を出すことができるのです。

だから、レイクALSAを経験すると、他社の30分でも長く感じる可能性があります。

15秒というのは最短なので、絶対にその時間で完了するとは言えませんけど、全体的にかなり早い時間で済むでしょう。

キャッシングの審査は何を審査するのか

金融業者からお金を借りる為には審査を必ず受けなければなりません。審査を通らずしてお金を借りることはできません。では、金融業者は利用者のどのような項目を審査するのでしょうか。それは一言で言ってしまえば、利用者がお金をきっちりと利息をつけて返済してくれるかどうかです。

具体的には、働いて収入があるかということが最も重要な審査項目になります。正社員か非正規社員かアルバイトかパートかなどあまり関係はありません。それは貸し付ける金額を調整すればいいからです。キャッシングを利用したいならば、まずは働いて月々の収入があるということが絶対条件になるのです。働いていなければキャッシングを利用することは難しいと考えるべきでしょう。

キャッシングの利息もきっちり管理しよう

キャッシングの利息というのは借入額が少なければそれ程大きな金額にもならないです。ですから、これだけ少しの金額を余分に払うだけなら、少しずつATMでお金をおろして手数料を取られるようなこともあると思えば、むしろキャッシングのほうが得だと思えるようなこともあります。けれど何回もキャッシングばかりを利用すれば利息によって損をすることのほうが増えてくるので、利息でいくら余分にはらっているかもきっちり自分で管理しておくと良いです。

1年にどれくらいの利息を払ったのか自分で管理することができればキャッシングの回数も金額も、どれくらいなら許容範囲なのかを自分で知ることもできますし納得して利用することも増えてくるでしょう。