キャッシングの返済が終わったら解約すべきか?

キャッシングの返済が終わった後でもキャッシング会社との契約が消えるわけではありません。

契約自体は残りますので、いつでもお金を借りることができます。

ですが、キャッシングの返済が終わったらやっぱり解約したほうがいいでしょう。

例えば、住宅ローンといったような大きなローンを組む際に審査でマイナスになります。

いつでも借金ができる状況ですと、返済に影響が出ると思われますので、大きなローンをやるときには、ローンを申し込む前にカードを解約しましょう。

また、ついついあると借入してしまうようなケースもあります。

そうなると、やっぱり生活が苦しいことにもなりかねません。

特に利用をしないのであれば、解約したほうがいいでしょう。

キャッシングの返済忘れをしないためのコツ

キャッシングを利用している時に、気を付けておきたいことは「返済を忘れる」ことです。
借りたお金を返す時に、自動引き落としにして銀行口座から引かれるというのが一般的な返済方法なのですが、お金を銀行口座に入れ忘れてしまって、返済が行われなかったということがよく起こります。

しかしながら、多くのキャッシング会社ではこうした口座への入金忘れに対しては猶予を持っていて、1回までは遅延損害金などの発生が起きないようにしている場合があります。
次はこの日までに必ず口座にお金を入れておいてくださいというような通知が来て、その期日までにお金を入れておけば、遅延は起こらなかったとみなされます。

しかし、この通知も忘れてしまうと、非常にややこしくなります。まずは返済に関しては自分で振り込みをしないといけなくなる場合がほとんどです。

そして、それもまた忘れてしまったりすると、お金を借りること自体ができなくなる可能性が出てきます。キャッシングはやはり信用によって成り立っているものですから、キャッシング会社から信用がなくなった時にはお金を融資してもらうことができなくなります。

それを避けるためには、やはり給料の振込口座と返済用の口座を一緒にして、お金が常に入っている状態にすると良いでしょう。