質屋での審査スピードの影響について

質屋の審査時間というのは、キャッシングに比べても基本的にかなり早いことが多く、すぐに借入をすることが出来るレベルでしたら抜群の早さです。

通常なら30分以内には融資までこぎつけるほどであります。

ただ、品物によっては時間というのは遅くなるケースもあります。

例えば貴金属というのは、他の商品に比べると真贋を判断することが出来るまでに時間がかかりますので時間がかかる分はどうしても判断が遅くなってしまいます。

また、物品の数が多くなってくるとやはりその分は時間がかかってしまうのはやむをえないという側面は否定できません。

お店によっては、あまり取り扱っていない商品があったり鑑定士によって商品の見分けについて経験や専門分野が違ってくるようなケースもあります。

そういったところによって、審査時間に差があったりするだけではなく、借入できる金額もちょっと影響が出てくる面があります。

逆にさらに早くなる方法としては鑑定書が着いているのがいいです。 鑑定書が着いてれば、その商品の価値はわかりやすいですから

すぐに商品の査定から借入までできると思います。

審査時間をなるべく早めに短縮して借入をしたいときには、お店の情報の町彩や品数など工夫をしておきましょう。

消費者金融の審査に通過するためには

消費者金融の審査に通過したい。そのためには、まずゆとりを持って行動することが大切です。例えばお金が必要になる予定があるのであれば、事前に借りておくのがおすすめ。一社通らなかったからと複数の会社に申し込みをしてしまうと、いわゆる申し込みブラックになってしまうこともあります。こういう事態を避けるためにも早めに動くようにしましょう。

次に、働き方を考えましょう。審査に通らないかもしれないからと無理に正社員になる必要はありません。それぞれの状況によっても異なりますが、勤続一か月など短い正社員よりも安定しているフリーターの方が通過するケースも少なくはありません。転職したばかりならせめて数か月働いてからの方が審査に通りやすくなると言われています。

アルバイトの勤務日数を増やして審査通過へ

アルバイトの日数次第では、キャッシングができるかどうかが変わってきます。

勤務日数が多ければ多いほど、基本的には給料は入ってくる量が増えるわけですから審査側もひと月に入っている日数を考量して返せる量を計算します。

10日なら1日8000円入るとすると8万ですが、20日なら16万とかなり差が出てくるのは当然ですので、後者の方が返済してくれる可能性と安定性を感じさせます。

勿論ですが虚偽の申告はいけません。ですが、それほど実際の日数と大きな差がなければ審査の差異も問題なく通過ができます。

アルバイトの日数はできる限り増やすことも大事ですが、アルバイトに入っている日数をちょっと多めに申告することも通過するコツです。

学生でも消費者金融の利用は可能?

社会人でも、学生でも、お金が必要になることはあるものです。

そこで「学生でもキャッシングできるのだろうか」と思うかたもいることでしょう。

大手消費者金融では、申し込み条件を「20歳以上で安定した収入のあるかた」としているところが多くなっています。

雇用形態は正社員である必要がないため、この「安定した収入」とはアルバイトでも構いません。

つまり、20歳以上で安定した収入があれば、学生であってもキャッシングに申し込むことは可能となっているのです。

家族や友達に、お金に困っているということを知られたくない場合もありますよね。

そんなときに消費者金融は便利です。

どうしてもお金が必要、という場合は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。