”モビット”が”SMBCモビット”になりました

モビットはこの2017年12月から社名を”SMBCモビット”と改称し、今までより三井住友銀行グループの企業だということが分かりやすくなりました。

そのSMBCモビットの親会社に当たるプロミスも同様に三井住友銀行グループの企業で、こちらも正式名称は以前からSMBCコンシューマーファイナンスと言います。”プロミス”はあくまでブランド名で、例えるとあのファッションブランドの”ユニクロ”はブランド名で、社名はファーストリテイリングというのと同じです。

モビットは以前は赤を基調とした色のロゴでしたが、この改称に伴い、三井住友銀行と同じく緑のロゴに変わりました。これまでが何故赤だったのかと言えば、創設当時は三菱東京UFJ銀行グループの企業だったので、同行のカラーと一緒だったからです。それが今は三井住友銀行グループなので、SMBCを冠したことでその三井住友銀行の色に合わせたのです。

ただ、利用者側からはこの社名変更は何も影響がないので安心してください。これから契約をした人と金利などの条件が違うということも一切ありません。変わった点と言えば、これからの契約者はキャッシングカードの色が緑になったくらいです。(もちろん以前のカードもそのまま利用できます)

三井住友銀行グループは、その本体とも言える三井住友銀行でもカードローンに力を入れています。消費者金融のように土日や祝日でも夜9時まで利用できる無人カードローン契約機を設置している銀行は三井住友銀行だけです。この今回のモビットの社名変更も、これから更にグループとしてキャッシング事業に力を入れていくという現れだと考えていいでしょう。

SMBCモビットはプロミスと比較すると、ネットからの利用を重視している消費者金融です。特にスマホ世代の若い人にはプロミスより向いていると言えるかも知れません。どちらにもそれぞれの特徴があるので、自分のとって使いやすいと思う方を利用してください。

キャッシング即日融資の極意3つとは?

今すぐお金を手にしたいなら即日融資に対応しているキャッシング業者へ申込みましょう。ただちょっとした不備が元で翌日以降になってしまう事もあります。そんな悲劇を避けるためにも即日融資の極意3つを紹介しましょう。

1つは本人確認書類をしっかり準備。顔写真付きの運転免許証ならば問題なしですが、お持ちでない場合はパスポートやマイナンバーカードもOKです。2つ目は公式アプリをチェック。大手消費者金融の場合、公式アプリをリリースしています。こちらを準備しておくと本人確認書類等の送信がスピーディーです。3つ目は申込み額は今すぐ必要な範囲内で。ついつい多めに見積もって申込み額を欲張ろうとしていませんか?審査にも加味されますので、今すぐ5万円が必要ならば希望額は5万円としましょう。借入後に返済をしっかりしていると、限度枠が拡大しますのでまずは謙虚に申込むのが重要です。3つの極意を守って即日融資を実現してください。

J.Score(ジェイスコア)では郵送物は特にない

J.Score(ジェイスコア)では利用者にとって大きなメリットとも言える部分があります。

それは郵送物が自宅に届くことはないという点です。

郵送物が自宅に送られてくるか?という部分を気にする利用者は結構多くいると思います。

自分がお金を借りていることが、同じ家に住んでいる人間に知られたくないと考えている人は多くいるはずですから。

そういった人にとっては非常に重要な面と言えますが、J.Scoreでは郵送物を送ることはなく、利用明細の発行などもしていませんから、安心して利用ができるのです。

ここはJ.Scoreにおける1つの特徴と言えると思いますから、利用を考えているという人は頭に入れておくと良いのではないか?と思います。

レイクALSAは審査時間がものすごく短い

レイクALSAというのはその特徴に審査時間の短さというのがあります。

審査時間というのはいろいろな消費者金融を見ても、最短で30分とかが多いと思います。

しかし、レイクALSAでは最短15秒となっていて、他の会社とは全くレベルが違うという状況になっているのです。

でも、何で15秒で審査が終わるようなことがあるのか?というと、レイクALSAでは人間が審査をやっていないというのがポイントになります。

レイクALSAではAIが審査をしているので、瞬時に適切な審査を実行し、結果を出すことができるのです。

だから、レイクALSAを経験すると、他社の30分でも長く感じる可能性があります。

15秒というのは最短なので、絶対にその時間で完了するとは言えませんけど、全体的にかなり早い時間で済むでしょう。