家族バレしないこともキャッシングの魅力にはなってはいるが

近年では、家族バレしないように借金をすることは可能ではありますし、それをうたっている会社も多いです。

ですが、そういったことをすると借金の返済がうまくいかないようなケースがあります。

自分で返済をしていたりすると、ついつい甘い考え方をしてしまって返済をしながらも甘い考えをしてしまうケースもあったりするでしょう。

そういう風になると、返済額が増えてしまってますます家族に言いにくい状況を作ってしまうこともあるでしょう。

そうなると、ますます返済が難しくなるということに陥るケースもあります。

ですので、しっかりとお金を返した胃と思った時には敢えて家族と相談してお金を借りるというようなことをしたほうがいいかもしれません。

大手銀行以外にもたくさんの銀行がカードローンを扱っている

銀行カードローンといえばインターネットから申し込みをして来店不要でお金を借りることができ、総量規制対象外で低金利というようにたくさんのメリットがあります。

銀行カードローンのなかでも人気が高いのは、パソコンやスマホを使ってインターネット申し込みが便利にできて、比較的素早く審査を行ってくれる大手銀行のサービスが人気です。銀行の支店に契約用の設備が設置されていて、誰にも会わずにカードローンの契約ができることもあります。

しかし、大手以外にもたくさんの銀行がカードローンを運営しています。銀行カードローンには大きく分けて3つの種類があります。まずひとつは全国展開している大手銀行のカードローンで、もうひとつはネット銀行のカードローン、3つめは地方限定で融資をしている地方銀行のカードローンです。

色んな銀行がカードローンを扱っており、それぞれに違いがありますので自分に合ったサービスを探すことが重要です。普段から預金口座を利用している銀行があれば、カードローンの申し込み時間が短縮されたり、ポイントサービスで優遇されるなど条件がよくなることもあります。興味のある銀行がカードローンを提供しているかどうかは、銀行のホームページで確認できます。

質屋とキャッシングの利用期間の違いについて

質屋とキャッシングでは、利用期間に基本的な違いがあります。

まずキャッシングというのは原則的には利用期間に制限はありません。 返済には最長で何年というようなものありますが、

年齢制限にひかっかったりなど市内限りは基本的に解約といったことがない限りはいつでも使っていけるものであります。

一方で質屋さんは借入を行ったら原則で3ヶ月以内に返済をしないといけないことになっています。

質屋さんに預けるものというのは、あくまで担保であり、返済がないときにはお金に変わって質入したものをお店のものにすることによって

弁済に供するわけなのであります。 これを一般的に質流れといいます。

このようにならないためにも、なるべく早めに返済しないといけないのが質屋でのお金の借入の特徴です。

ただし、質屋さんでも3ヶ月以内に全額返さないといけないわけではありません。

例外的に、利息分だけでも返済していくことによって返済期間を延長してもらうことが出来ます。

1月分なら1月延長、といったように、利息を払い続ければ無限に延長してもらうことが出来ますが、質屋の利息というのは

基本的にキャッシングに比べると高いので、返済は早めに行ったほうがいいでしょう。