自動契約機によるキャッシングを申し込む条件とは

駅周辺や繁華街、銀行のATMコーナーや無人店舗など様々な場所に設置されている自動契約機は、インターネット環境が必要なWeb申込みが広く浸透していても、申込みが出来る手段として有効です。

自動契約機を利用してキャッシングの申込みをする条件は、満20歳以上満70歳以下といった年齢条件と一定の収入があると認められた者という収入条件があります。消費者金融会社は、融資をする以上、返済の見込みがある人々にサービスを利用してもらいたいと考えていますので、年齢条件と収入条件をクリアしておく事は、審査を通過する上で重要な要素です。

近年のキャッシングの自動契約機はタッチパネル方式になっており、指定された項目に答えていく事で申込書に相当する内容をデータ化する事ができ、完成したデータを審査センターに送る事で、その内容に基づいて審査が行われます。

カードローンにブラックリストって本当にあるの?

カードローンに関する噂で、滞納するとブラックリストに載るとまことしやかに言われていますが本当のところはどうでしょう。答えはNOで、ブラックリストなど一切ありません。

ただしカードローンは、申し込みから借入、返済、解約などの情報が3つあるいずれかの信用情報機関に登録されます。この他滞納や踏み倒し、債務整理などの悪い情報も登録されます。これらの悪い情報は3つの信用情報機関で情報を共有するために、これらの悪い情報が登録されると他のカードローンを契約できなくなるのです。これがいわゆる金融ブラックと言われるブラックリストというわけです。ちなみに金融ブラックになると、6ヶ月から10年間ローンが組めなくなるので注意が必要です。

パートやアルバイトでの収入!毎月変動するなら希望限度額は低めに!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、本人に安定した収入があれば、パートやアルバイトでも契約が可能です。しかし、収入条件は安定というだけでなく、継続という条件もあります。確かに一定の勤務先で収入があれば、安定して収入があることになります。

しかし、安定の意味としては、毎月の収入において変動無く、継続して得られるものともなります。パートやアルバイトの場合、固定給ではなく、シフト制により変動してしまうことがあり得ます。例え、年間の収入だとしてもどこかに偏りもあるため、申し込みの際は確実に収入の範囲内で返済できる額に留めるのがポイントです。

希望限度額を高くしてしまうと、それだけで審査が通過出来ないこともあるため、収入が変動し易い場合は注意が必要です。

大手消費者金融業者のアコムのサービス

消費者金融大手のアコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属しており、その安定性や堅実な営業、そしてテレビCMなどによりイメージアップを図っており、利用しやすい業者の1つです。

アコムを利用するメリットは初めての利用であれば30日まで金利がゼロ円ということで借りた金額を上乗せされることがないことで損をすることがないのは嬉しいサービスです。その他実質年率は3.0%から18.0%となっており、融資額も1万円から800万円という高額融資にも対応しています。

インターネットからの申し込みができるので店舗に入ることを誰かに見られることなく自宅でゆっくりと自分のペースで確認しながら手続きを進めることができること、審査が通るかどうかの不安を解消する公式サイトの3秒診断などを活用することができるでしょう。

融資返済方法としてアコムのATMや提携ATM、インターネットに店頭窓口、振込や口座引き落としといった方法があります。身近なコンビニのATMを利用できるのが最も利便性があるかもしれません。また窓口返済にすると、今後の返済方法や金額など相談しながらベストな方法を検討できるという面でのメリットがあります。

いずれにしてもアコムは多くの人たちに親しまれてきている信頼できる業者であり、安心して利用することができます。

キャッシングの返済が終わったら解約すべきか?

キャッシングの返済が終わった後でもキャッシング会社との契約が消えるわけではありません。

契約自体は残りますので、いつでもお金を借りることができます。

ですが、キャッシングの返済が終わったらやっぱり解約したほうがいいでしょう。

例えば、住宅ローンといったような大きなローンを組む際に審査でマイナスになります。

いつでも借金ができる状況ですと、返済に影響が出ると思われますので、大きなローンをやるときには、ローンを申し込む前にカードを解約しましょう。

また、ついついあると借入してしまうようなケースもあります。

そうなると、やっぱり生活が苦しいことにもなりかねません。

特に利用をしないのであれば、解約したほうがいいでしょう。