銀行ローンを申し込む場合は日数に余裕を見ましょう

「まとまったお金を用意したいから、銀行ローンを契約したい」

「他社の借り換えで、銀行のおまとめローンを使いたい」

そんなふうに考えているかたもおられることでしょう。

銀行のローンは、消費者金融と比較すると金利が安いのが魅力です。

しかし、銀行ローンの場合は、現在、即日融資を受けることはできません。

これはローンの申し込みがあった場合に、警視庁のデータベースに照会するなど審査が以前よりも複雑になったためです。

申し込みから契約完了までの日数は、銀行により違いがあります。

銀行ローンの場合は、申し込みから契約完了まで、日数がかかります。

それを踏まえたうえで、日数に余裕をもって申し込みをすることをおすすめします。

お金が足りない主婦の救世主キャッシングサービス

給料日まであと一週間、残りの生活費だと少し足りないピンチの時や、夫に内緒で少し値の張る買い物をしてしまった時など、お金が足りなくて困っている主婦の救世主となってくれるのがキャッシングサービスです。給料日までの一時凌ぎとして誰にも内緒でお金を工面することが出来るため、家族に知られずこっそりとお金をやりくりすることが可能です。

専業主婦の場合でも夫に安定した収入があればキャッシングサービスの審査に通ることは十分可能なため、まずは困った時に借り入れの申し込みをしてみると良いでしょう。キャッシングサービスは申し込みからお金の受け取りまで全てオンライン上で済ますことが出来るので、自宅にいながら簡単に申し込みが可能で便利です。

キャッシングを受けるには自動契約機が便利

キャッシングを受ける際、とても便利なのが自動契約機です。

では一体どういった部分が便利なのでしょうか。

ですので今回、この自動契約機が便利な理由について見ていきたいと思います。

まず、何といっても審査時間が早いため即日融資を受けることができる点です。

これは今すぐお金が欲しい場合など、急を要しているときに助かりますよね。

書類の提出などを終えて間違いがなければ、最短でも30分程度で審査を終えることができます。

また土日や祝日などでも利用できる点も大変、便利ですね。

店舗ですとどうしても土日や祝日はお休みの場合が多いので、キャッシングを受ける際は自動契約機があると助かりますよね。

しかし会社によって営業時間は様々なので、事前によく確認してから利用するようにしましょう。

総量規制対象外のローンとキャッシングの違いとは

お金を借りる方法としては、カードローンやキャッシング、目的別ローンなどがありますが、近年では、貸金業法に総量規制という仕組みが導入された事で消費者金融会社や信販会社など貸金業法の下で営業をしている企業は、利用者に対して年収に応じた限度額の総額を制限する事が義務付けられています。

銀行や信用金庫が提供している個人向けの融資であるカードローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは無関係である事もあり、総量規制対象外のローンとして扱われています。また、多目的に使えるキャッシングとは違って、特定の目的にしか使えないマイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンも総量規制対象外のローンです。キャッシングと併用する事で、総限度額の上限に対する工夫を凝らした使い方が出来るでしょう。

モビットのスピードキャッシング

大手消費者金融のひとつであるモビットはインターネットやアプリと連動することでスピーディな融資を実現させています。

あらかじめ審査の前に借り入れが可能かどうかの目安として行われる簡易審査の「診断」に関してもモビットはわずか10秒で結果を表示してくれるという迅速さです。

また契約後の借り入れに関してもアプリなどを利用することでスピーディに行なうことが可能で、口座を登録することでキャッシングした金額を直接振込んでもらえる振込キャッシングやスマホだけで借り入れができるスマホATM取引など、アプリをインストールすることでカードが無くてもキャッシングができるサービスを多く導入し、スピーディなキャッシングを可能にしているのです。

楽天銀行の住宅ローンの特徴やメリット

楽天銀行では住宅の購入やリフォームのための資金をお得に調達できる住宅ローンサービスの取り扱いがあります。楽天銀行の住宅ローンの特徴やメリットについて解説を行っていきます。

・オンライン相談ができる

住宅ローンを組む上で融資担当者との打ち合わせや相談は欠かせませんが、一般的な銀行の場合平日の15時までしか窓口が開いていないため相談がしにくくなっています。一方で楽天銀行の住宅ローンであればSkypeを利用してオンライン相談ができ、平日であれば夜10時まで相談受付をしているので忙しい人でも相談しやすくなっています。

・審査がはやい

事前審査の申込みはウェブから24時間申込みができる上に、最短で翌日には回答が届くので急いでいるときにも便利です。

総量規制対象外のカードローンをキャッシングと共に活かすには

総量規制対象外のローンとしては、銀行や信用金庫のカードローン、マイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンがあります。これらのローンは、消費者金融会社の個人向け融資サービスであるキャッシングと併用する事が可能であり、共に活かす事でユーザーの日常生活を快適なものにする事が可能です。

消費者金融会社のキャッシングと総量規制対象外のローンは、別々に申込みをして審査を受ける必要がありますので手間がかかりますが、両方の融資サービスを活用すれば、それぞれの目的に応じた資金を確保する事が出来ます。資金確保する事が出来れば、それを活用してユーザーが行いたい事をその場で実施する事ができ、期日までに計画的に返済をしていけば、問題無く継続してサービスを使えるでしょう。

学生でも消費者金融の利用は可能?

社会人でも、学生でも、お金が必要になることはあるものです。

そこで「学生でもキャッシングできるのだろうか」と思うかたもいることでしょう。

大手消費者金融では、申し込み条件を「20歳以上で安定した収入のあるかた」としているところが多くなっています。

雇用形態は正社員である必要がないため、この「安定した収入」とはアルバイトでも構いません。

つまり、20歳以上で安定した収入があれば、学生であってもキャッシングに申し込むことは可能となっているのです。

家族や友達に、お金に困っているということを知られたくない場合もありますよね。

そんなときに消費者金融は便利です。

どうしてもお金が必要、という場合は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。